新着情報

新着情報 >> 記事詳細

2012/07/03

完全バイオマス原料由来ポリエチレンテレフタレート 東レ株式会社より

Tweet ThisSend to Facebook | by:biomass

2012年6月27日

東レ株式会社

完全バイオマス原料由来ポリエチレンテレフタレートの展開に向けた
バイオパラキシレンのオフテイク(引取)契約の締結について

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣)は、この度、再生可能化学品および先端バイオ燃料のリーディング企業であるGevo社(ジーヴォ、本社:米国コロラド州イングルウッド市、CEO:Patrick Gruber)との間で、同社が建設予定のパイロットプラントで製造するバイオマス原料由来のパラキシレン(バイオPX)を一定量引取るオフテイク契約を締結しました。
 この契約締結によって、東レは完全バイオマス原料由来ポリエチレンテレフタレート(完全バイオPET)に関して世界で初となるパイロットスケールでの実証が可能となり、2013年からエンドユーザーであるパートナーに供試し市場評価を開始する計画です。

 Gevo社は、同社独自の高効率製造技術によるバイオマス原料由来イソブタノール(バイオイソブタノール)の商業製造設備を既に稼動開始しています。同社は、バイオイソブタノールから完全バイオPETの原料のひとつであるバイオPXの合成にラボレベルで成功しており、完全バイオPETに関心を持つエンドユーザーが多いことから、バイオPX製造工程のパイロットレベルへのスケールアップを行う計画をしています。しかし、完全バイオPET製品をエンドユーザーに供給するためには、バイオPXからPETを製造する技術を持つパートナーが必要でした。一方、東レは2011年にGevo社のバイオPXから自社技術により誘導されたテレフタル酸と、市販のバイオエタノール由来のエチレングリコールを原料とした完全バイオPETの重合、繊維化、フィルム化に成功しています。
 今回、Gevo社と東レとの間のバイオPXのオフテイク契約締結によって、バイオPXをパイロットレベルで完全バイオPETに変換するサプライチェーンを構築し、完全バイオPET製品をエンドユーザーに提供することが可能となりました。東レはこのパイロットプラントで製造されるバイオPXを優先的に購入する契約を締結したことで、完全バイオPETの重合、繊維、フィルムのスケールアップ技術の確立を他社に先駆けて行うことが可能となります。

 現在、一般的なPETは、石油を原料とするパラキシレンから誘導されたテレフタル酸と、同じく石油由来のエチレングリコールを重合し、製造されています。このPETは、繊維・フィルム・ボトル用などに世界で年間約5,000万トン生産され、ポリエチレンやポリプロピレンを上回る世界最大需要規模のポリマーに成長している、人類の生活にとって欠かすことのできないポリマーです。石油の枯渇や石油価格の高騰の問題がある中、PETを再生可能なバイオマス原料のみから製造することは重要な課題であり、当社は高分子化学、有機合成化学、バイオテクノロジーといったコア技術を融合させることによって、本課題の解決に対して精力的に取り組んでいます。

 東レは、「全ての事業戦略の軸足を地球環境におき、持続可能な低炭素社会の実現に向けて貢献していく」という経営方針のもと、バイオマス由来ポリマーの研究・開発およびポリ乳酸(PLA)を中心としたバイオマス由来材料事業の拡大を推進しています。バイオマスポリマーの拡大は中期経営課題“プロジェクト AP-G 2013”で掲げる「グリーンイノベーション事業拡大(GR)プロジェクト」においても、その中核を成す重要な取り組みです。
 東レは今後も、コーポレートスローガン“Innovation by Chemistry”のもと、持続可能な循環型社会の発展に向け、「ケミストリーの力」を駆使して新しい先端材料の研究・開発に注力して参ります。


12:33 | バイオマス